<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

すみはどこ?アンダマンバタフライフィッシュ

d0116353_2232088.jpg


こいつの事は以前から知っていたが、太平洋で見れるスミツキトノサマダイはしっかりと薄ブルーのダッシュが入っている。

ここプーケットのダイビングポイントで見れる奴はブルーのダッシュがない。でもなぜか夜ナイトダイビングで潜るとブルーのすみが出てくる。

う~ん、不思議な奴だぁ。今まではスミツミトノサマダイのインド洋版ですよぉ~何て紹介したが新しい洋書にはアンダマンバタフライフィッシュと紹介されている。

でも良かったんじゃないかんぁ~、こっちの方がカッコイイ呼び名だよなぁ~・・
[PR]

by divefreecs | 2007-04-30 22:34 | プーケットの水中世界  

高く

d0116353_235361.jpg


プーケット最南端のプロンテプ岬からちょっと下ったところでお気に入りの場所。
下から見上げるこの景色が好きで、今まで何度も見上げただろう!
高く 高く もっと高く
[PR]

by divefreecs | 2007-04-29 02:39 | プーケットで1ショット  

プライベート感覚を味わう

d0116353_1162232.jpg


プーケットの西海岸、ビーチの最南端に位置するナイハン・ビーチは国際的ヨットレース、プーケットキングスカップ・レガッタの開催地をしても知られている。

プライベートリゾートを楽しむには最高のビーチで、いくつものクルーザーやヨットが停泊して欧米のちょっとしたハーバーのようだぁ。

両側を山に囲まれており、そこから見渡すビーチは静けさにつつまれている。
[PR]

by divefreecs | 2007-04-29 01:23 | プーケット・ラワイエリア  

プーケット シャロン寺院

d0116353_1215091.jpg


プーケットタウンの南、シャロン湾からほど近い所にあるシャロン寺院は29あるプーケットの寺院の中で最も庶民の信仰を集めている。

日本人観光客も多く、美しく建つこのお寺は、毎日多くのハスの花が供えられている。
訪れる人が絶えないシャロン寺院、プーケットに来た際は是非・・

ワンクリック御願いします
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by divefreecs | 2007-04-27 01:29 | プーケットで1ショット  

プーケット ビューポイント

d0116353_12433171.jpg

プーケットに観光で来たら一度は訪れて欲れたいスポットビューポイント。綺麗な夕日が見られる観光スポットとして有名で夕方になるとツーリストや地元のカップルや家族連れなどが島内から集まってくる。
夕方16時前後、まだ日差しが強いプーケット。ちょっとバイクでお決まりにコースを愛器のニコンを持って「パチ・パチ」っと切る。この瞬間はやっぱ最高だなぁ~。


ワンクリック押してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by divefreecs | 2007-04-26 12:52 | プーケット・ラワイエリア  

水中の花

d0116353_20534380.jpg


水中世界を案内していると色々なシーンに出会う。ここプーケットのダイビングポイントでもたくさんの生物がいるし、そしてインド洋に固有種なども豊富なのでガイドしていてもすごく楽しい。

生物だけではなく、大きなウミウチワや彫刻のようなサンゴ、たくさんのイソギンチャクやトサカの仲間達も魅力的でそこに住む生物を入れて撮るとより水中写真が楽しくなるし、そしてお客さんを連れて行く時もやはり違った水中ガイドが出来ると思う。

これからもこの魅力的なプーケットのダイビングサイトで素敵なガイド、そしてたくさんの写真を撮りたいものだぁ。

ワンクリック御願いします
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by divefreecs | 2007-04-25 21:03 | プーケットの水中世界  

高さ50mの世界 プーケットバンジージャンプ

d0116353_14494429.jpg

高さ50mの世界。考えただけ嫌になってしまう。
先日スタッフのMAKOTOがバンジージャンプにチャレンジした。

下から見上げただけで「お~マジかよぉ~」って感じである。
体重測定、準備、そして上がって行く!ほんと高い。

そして準備が出来たら飛ぶ!飛ぶ!さすが若さぁ!

カメラ構えて待っているが中々ピントが合わない。いやぁ~難しいなぁ~。
ってことでこの写真です。

ワンクリック御願いします
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by divefreecs | 2007-04-24 14:54 | プーケットで1ショット  

シミランクルーズの宝物

d0116353_132498.jpg


シミランクルーズでの夕日は今まで何枚撮っただろ~。
数え切れないぐらいシャッターを押したと思う。 シミランクルーズシーズンは11月~5月まで、毎回天気が良ければ嬉しいのだがそうも自然相手には美味くいかない。

サンセットダイビングが終了して、シャワーを浴びて、アッパーデッキに上がり、美味しいビールを準備して、そこからが勝負の時間。

だんだんと日が沈み、待って、待って、まだ待って・・
自分のお気に入りのシーンがきたらシャッターを押す。

やっぱ夕日は宝物

シミランクルーズ行くなら
Dive Freecs

ワンクリック御願いします!!
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by divefreecs | 2007-04-24 01:39 | プーケット発シミラン諸島  

プーケット コーラル島

d0116353_224348.jpg


ここプーケット島のチャロン湾からスピードボートで約15分でサンゴ島ことコーラル島がある。年間を通して体験ダイビングやOWコースの海洋実習なども出来て結構便利な島。

各ビーチをカメラを持って良いショットを思うのだが中々これが上手く撮れない。
狙うと難しいもので、何気ない写真が結構気に入ったりするもんだぁ。

まぁこれからもたくさんの写真を撮ろうっと・・
ここ微笑みの国タイランドで・・

ワンクリック御願いします
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by divefreecs | 2007-04-23 02:10 | プーケットのカルチャー  

凶暴なハサミを持つ人気者

d0116353_241397.jpg


シミランクルーズで訪れる有名なダイビングサイトで「リチェリューロック」。
隠れ根になっていて大きな富士山のような根に、ぐっちゃりとアンダマン海はシミランクルーズで会える生物達がひそんでいる。

やはりダイバーなら一度は遇って見たい王者「ジンベイザメ」「マンタ」なども遭遇できる確立が高い。 マクロも豊富で「シーホース」「アエルアンコウ」「ゴーストパイプフィッシュ」などの人気高い生物にも遇える。

マクロの中でも有名な今回の主人公はやっぱりフリソデエビだろ~、この小さくて可愛らしいハサミでヒトデをチョキチョキと切る瞬間は何度見ても楽しい。

ずっとずっと観察していたいけど、頭上をあのジンベイザメがやって来るかも?っと思うとおちおちしていられない。

やっぱ海の王者ジンベイザメは人気NO1かなぁ??

じっくりマクロを撮影したいなら
Dive Freecs

ワンクリック御願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]

by divefreecs | 2007-04-22 02:15 | プーケットの水中世界