まるで硝子細工の置物のようなぁ・・・

d0116353_1534313.jpg


水中世界はほんと素晴らしいと思う。凄い変わった光景や、目の前を泳ぐ優雅なヤッコの仲間やベラ科などの綺麗な魚達に感動しながら、ふと大きなオオイソバナの幹の上にチョコンと乗っている可愛らしい魚を発見。プーケットのボートダイビングで行く、ラチャノイ島での20Mぐらいの深度でこれが始めての出会い。

半透明のような薄いベージュ色の体にオレンジ色の鉄格子が入っていてまるでガラスでできた置物のようである。なんておしゃれな魚だぁ、っと思いずっとずっと見つめても逃げることもなくよいモデルになってくれる。オオイソバナに溶け込んだクダゴンベはこの日から大ファンになった。
[PR]

by divefreecs | 2007-02-03 01:53 | プーケットの水中世界  

<< 竜宮城へ向かって プーケット パトンの夕日 >>